カナデルプレミアホワイトオールインワンの主要成分と働き

カナデルプレミアホワイトオールインワンは、お肌にあらわれるシミやくすみ・色素沈着の発生を促成して、美しい美白を促進させる美容液クリームです。美白が実現するその秘密は、配合された各種成分にあります。では、カナデルプレミアホワイトオールインワンには、具体的にどのような成分が含まれており、どのような働きをするのでしょうか。この記事では、カナデルプレミアホワイトオールインワン配合された栄養成分をいくつかピックアップして、解説します。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「ビタミンCエチル」

外出時に浴びる紫外線は、お肌の露出が目立つ春~夏だけでなく、1年中注意しなければいけないものです。紫外線を浴びると、お肌のなかにシミや色素沈着の原因となるメラニンが生成されます。この場合、お肌の機能が正常であれば、メラニンは角質とともに体外へ排出される仕組みです。

しかし、加齢やお手入れ不足などにより、お肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に行われない場合、メラニンは体内に留まり定着してしまいます。シミや色素沈着は長年の蓄積により発生してしまうので、紫外線予防は秋や冬でもしっかりとおこなわなくてはいけません。そして、メラニン対策として使われるのが、美容成分が配合された美容液です。

シミやそばかすなどの生成を抑制する働きをするのが、ビタミンCです。そのため、市販されている多くの美容液には、有効成分としてビタミンCが配合されています。そのなかでも、ビタミンCの活動を安定させて、お肌おなじみを促進させる機能があるのが、ビタミンC誘導体です。美肌生成における重要な活動をするビタミンC誘導体ですが、弱点もあります。それは酵素反応をしないとメラニンへの働きがけをしないことです。

カナデルプレミアホワイトオールインワンは、ビタミンC誘導体を超える有効成分が含まれています。その成分とはビタミンCエチルです。この成分は、ビタミンC誘導体のように酵素反応が不必要な成分なので、素早い反応で、なおかつ働きを持続する機能があります。即効性と持続性のふたつの能力を持った成分が、ビタミンCエチルなのです。

また、ビタミンCエチルは、ビタミンC誘導体よりビタミンCの含有量が多いことも特徴です。その含有量は、ビタミンC誘導体5種平均の約2.7倍となっています。濃厚なクリームが使用者のお肌を守り、美肌に導くことでしょう。そして、濃厚なビタミンCエチルは、お肌のなかで3種の働きをします。それは、メラニン抑制持続・メラニン黒化抑制・メラニン生成抑制です。メラニンが発生する前に、その活動を抑制させることによって、メラニンの生成および黒化を抑制するという働きがけをします。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「クワエキス」

カナデルプレミアホワイトオールインワンには、植物由来の美肌に有効な成分が13種配合されており「ボタニカブライト13」と名付けられています。この13の成分は整肌成分7種・保湿成分4種・エモリエント成分2種となっています。そのボタニカルブライト13のうちのひとつが、整肌成分のクワエキスです。

クワエキスは、馬桑(マグワ)の根皮から抽出したエキスで、漢方では疲労回復、滋養強壮、高血圧予防として使用されています。また、抗酸化作用もあるため、メラニン生成を抑制する働きもあるのが特徴です。エイジングケア成分として、カナデルプレミアホワイトオールインワンにも配合されています。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「スターフルーツ葉エキス」

整肌成分であり、ボタニカブライト13のうちのひとつなのが、スターフルーツ葉エキスです。このエキスはゴレンシという植物の葉っぱから抽出されたエキスで、ゴレンシとは、熱帯アジアに生える常緑小高木です。その植物に実る果実を切断すると、その面が星型に見えることから、ゴレンシは別名スターフルーツとも呼ばれています。スターフルーツ葉エキスにはさまざまな機能がありますが、美容に関する働きは、コラーゲン産生促進およびコラーゲン飲料摂取時のお肌改善などです。
 

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「イエローヒマラヤンラズベリー根エキス」

整肌成分のイエローヒマラヤンラズベリー根エキスは、つる性の常緑低木であるヒマラヤンラズベリーから採れるエキスです。シワ改善やコラーゲン産生促進、美白作用などの働きをします。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「オウゴンエキス」

オウゴンエキスは、コガネバナという別名を持つオウゴンの根から抽出した正規成分エキスです。このエキスは、小柴胡湯や三黄瀉心湯などの漢方薬にも処方されています。美容に関する機能は、メラニンが生まれる原因である、情報伝達物質であるエンドセリン-1の生産抑制です。
 

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「カンゾウフラボノイド」

カンゾウフラボノイドのカンゾウは、漢字で「甘草」と書きます。マメ科の植物である多年生植物の甘草から採れるのが、整肌成分のカンゾウフラボノイドというエキスです。漢方薬や注射薬などの医療品、甘味料として幅広い使用用途のあるこのエキスはメラニン生成の抑制など、美白作用を促進させるスキンケア商品にも多く配合されています。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「ツボクサエキス」

セリ科の植物・ツボクサの葉から抽出されるエキスが、整肌成分のツボクサエキスです。この葉は古くから傷ややけどの治療などに使われていましたが、お肌にも良い影響を与えます。お肌への働きは、コラーゲン生成促進、抗酸化作用、血行を促進させて代謝を向上させてのターンオーバー促進です。また、シワやたるみの防止、お肌の水分不足抑制などもあります。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「ヒキオコシエキス」

シソ科植物ヒキオコシ、クロバナヒキオコシから抽出できるエキスが整肌成分ヒキオコシエキスです。ヒキオコシは、延命草とも呼ばれており、古くから身体に良いものとされています。このエキスの働きは、血行促進による代謝の活性化、メラニン生成抑制、細胞活動活性化などです。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「ユキノシタエキス」

保湿成分ユキノシタエキスは、ユキノシタ科植物ユキノシタから採れるエキスです。古くから民間療法によく使用されており、解毒や清熱などに用いられています。化粧品に配合された場合の働きは、保湿やバリア機能の促進などです。美容液以外にも日焼け止めや洗顔料にも使われています。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「ウメ果実エキス」

文字通り梅から抽出されたエキスが、保湿成分であるウメ果実エキスです。このエキスに含まれて居るムメフラームは、血液をサラサラ状態にする血行不良改善とそれに伴う代謝の促進などの働きがあります。毛細血管の血行を良くすることにより、お肌本来のハリ、潤いをキープする働きがこのエキスの特徴です。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「トウキエキス」

保湿成分トウキエキスは、セリ科シシウド属の多年草であるトウキから採れるエキスです。クマリン誘導体、ビタミン各種、アミノ酸などが豊富に含まれています。これらの成分が、保湿や炎症抑制、血行促進などの働きをして、お肌ケアのサポートをします。漢方や育毛剤にも使用されているエキスです。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「キウイエキス」

保湿成分キウイエキスは、文字通りマタタビ科植物キウイフルーツの果実から抽出したエキスです。美容に関する作用もあるため、美容液や洗顔料、ボディケア製品などに多く使用されています。美容液では、メラニン排出の促進、それに伴う色素沈着の抑制、角質水分量確保による保湿作用などです。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「スクワラン」

お肌の水分蒸発を防ぎ、潤いをキープすることをエモリエントといいます。そんな働きをするエモリエント成分なのがスクラワンです。スクラワンは、お肌の水分を守る皮脂膜の原料としての働きがあります。美容液でスクワランをたっぷりと補充しておけば、しっかりとした皮脂膜が形成され、水分の蒸発を防ぐことが可能となるのです。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「メドウフォーム油」

エモリエント成分のメドウフォーム油は、リムナンテス科植物メドウフォームの種子から抽出できる植物オイルです。メドウフォームは、北カリフォルニアや南オレゴンなどに自生してますが、今は品種改良に成功して大量栽培が実現しています。美容液などに配合した場合の働きは、皮膚に膜をつくりお肌の水分を維持する働きがあります。潤いをキープしてみずみずしいお肌を実現させる働きは、メイクアップおよびスキンケア化粧品、ハンドケア商品など、多くの商品に使用されています。